住居のリフォーム工事を施すにあたって選びたい選択

工事の種類

風呂リフォームにはどのようなものがあるのでしょう

リフォーム工事の中でも風呂リフォームは人気の高い工事です。風呂リフォームといっても、浴槽だけを取り替える工事から浴室全体の工事まで、色々な規模の工事があります。古くなったお風呂をせっかく新しいものに変えるのなら、機能性にもすぐれた、便利な浴室にしたいという人も多いです。 風呂リフォームは、きれいで快適なお風呂にしたいという理由以外にも、安全のためという理由で行われることもあります。寒い時期に急に裸になって浴室に入ると、血圧や脈拍が急激に上昇してしまうことがあるので、お年寄りや体の弱い人には危険な場合もあるのです。このような危険を避けるため、浴室暖房を付けたり、床をリフォームして床暖房にするという工事があります。

リフォーム工事にかかる費用は

風呂リフォームといっても、その規模により価格は大きく変わってきますし、ユニットバスのグレードによっても大きな違いがあります。一般的なユニットバスだと70万円くらいからになりますが、高級なものだと150万くらいかかることもあります。浴室を温めておくために付けることが多い浴室暖房乾燥機は12万〜25万円くらいが相場のようです。給湯器の交換は20〜35万円くらいが相場のようです。 また、古くなった浴槽を取り外すと浴室の土台や周囲の柱などが傷んでいることが多いものです。ふだんは見えない部分でもあり、浴槽工事の時などにしかできないので、このような部分の補修工事もしておいた方がいいでしょう。傷んでいる状況によりますが、補修工事は5万〜10万円くらいでできる場合が多いです。